2018年6月14日木曜日

ブルゴーニュワイン Richebourg (Liger Belair) 1996'

【思い出】2006'3/14 完熟状態、最高でした。
この濃厚で恵み豊かな味わい、世界で最も瑞々しさの溢れるワイン。
【Menu】あのRomanee-Contiに勝るとも劣らない赤の最高位に位置するかもしれない。
【大好き印】★★★★★
【種類格付けAOCワイン / Grands Crus(特級畑)
【地 域】Bourgogne(Burgundy)
【地 区】Cote d'or / Cote de Nuits
【村 名Vosne Romanee
【畑 名】Richebourg
【所有者】Xavier Liger Belair
【Sepages】Pinot Noir 
エチケット↴

【ETC.】畑を所有するLiger Belair家は、ナポレオンにも軍人として仕えてきた由緒ある貴族。1815年、ナポレオン政権下の将軍であった初代ルイ・リジェ・ベレール氏がドメーヌを設立し、当時はLa TacheLa Grand Rue,Chambertin等、約60haを所有する大ドメーヌでした。今もLa Tacheの前にそびえる十字架にLiger Belairの銘が刻まれているのはこのためです。その後、相続問題により所有していた畑は分割され手放すことになります。
 La Romaneeや一部の優良な1級畑は手元に残ったものの、ブドウの栽培・ワインの醸造・瓶詰をすべてLeroy,Albert Bichot,Bouchard Pere & Filsなどのネゴシアンに一任します。
現在の7代目当主ルイ・ミッシェル・リジェ・ベレール氏は、軍人になる道を選ばず、祖父と同じくヴィニュロン(ブドウ栽培家)となり、ワイン生産者という道を歩みます。これまで他のドメーヌに任せてきた自社畑を自ら手掛けDomaine Liger Belairを創立します。
ルイ・ミッシェル氏はピノ・ノワールの神様と呼ばれるアンリ・ジャイエ氏やジャン・イヴ・ビゾー氏から指導を受け、2000年にドメーヌ元詰を行いリジェ・ベレールの初ヴィンテージを発表しました。2002年からはグラン・クリュのラ・ロマネをリリース。さらに特級畑のエシェゾー、一級畑のレ・スショ、ブリュレを手掛け、2012年には、ニュイ・サン・ジョルジュの1級畑クロ・デ・グランデ・ヴィーニュを単独所有し、こちらは赤ワインと白ワインの両方を生産しています。

フランスワイン Sainte Tanelle 2004'

【思い出】2006’3/13
【大好き印】
【種類・格付けAOCワイン / Generic Wine / Vin de Pays d'Oc
【地 域】Languedoc-Roussillon
【Sepages】Cabernet Sauvignon
【生産者】Negociant Charles Leymarie
【ETC.】Vin de Pays D'oc (Languedoc Loussillon地域圏全域をカバーする広域AOC)
エチケット↴


ボルドーワイン  Ch.Valentin 2000'

【思い出】2006’3/12
【Menu】
【大好き印】
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine / AC Premieres Cotes de Blaye
【地 域】Bordeaux
【地 区】Blayais et Bourg
【村 名】
【Cepages】30/CS  60/ME  10/Malbec 
【所有者】【醸造家】【管理者】
【consultant   Enorogu】
【ETC.】Blayaisは歴史的にボルドーを守る要塞として発展していくが、漁業の港でもある。土壌の関係もあるが、葡萄畑は、穀物やアスパラガス等の野菜畑の中に散在する。
エチケット↴

ボルドーワイン  Ch.Montrose 1999'

【思い出】2006’3/20    八戸工業大学遮音テスト時の宿泊ホテルで  
【Menu】凝縮感たっぷりの濃密で非常にタンニックなワインでした
【大好き印】★★
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine  / Medoc Seconds Cru Classe(第2級) 
【地 域】Bordeaux
【地 区】Medoc
【村 名】St.-Estephe
【Sepages】65/CS  10/CF  25/ME 
【所有者】1896年~2006年まではシャルモリュ家所有。2006年以降はフランスのメディア王マルタン・ブイグ氏が買収。
【管理者】エルヴェ・ベルラン支配人(ムートン・ロスチャイルドの元社長)
【ETC.】Latourと並んで最も晩熟なワインのひとつとされ50年の熟成にも耐えるワインを造っています。
エチケット↴


イタリアワイン  Barolo(Fontanafredda) 2000'

【思い出】2006'3/19   八戸工業大学遮音テスト
【Menu】八戸市内のイタリアレストランで橋本教授にごちそうになる。
【大好き印】★★★
【種類・格付けDOCG / Barolo
1966年にDOCの認定を受け、1980年にDOCGに昇格。
法定熟成期間は最低38ヶ月、リゼルヴァは62ヶ月間。
【産 地】Italy Piedmont
【地 区】Barolo
【生産者】Fontanafredda
【sepages】Nebbiolo
【ETC.】ワインの王様、王様のワイン。重厚な味わいの長期熟成type。
エチケット↴






八戸工業大学遮音テスト 2006’3/19~3/21

八戸工業大学 橋本教授に遮音テストを依頼 2006’3/19~3/21
20060321 湊日曜朝市



20060319 橋本教授に八戸市内イタリアレストランへご招待していただく。

20060320 宿泊ホテルのレストランにて


2018年6月13日水曜日

ボルドーワイン  Ch.Lafite Rothschild 1990'

【思い出】2006'3/10   
【Menu】ビッグビンテージ
【大好き印】★★★★
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine / Medoc Premier Grande Cru Classe
【地 域】Bordeaux
【地 区】Medoc
【村 名】Pauillac
【Sepages】70/CS 13/CF 15/M 2/PV
【所有者】Rothschild家(パリ)
【管理者】シャルル・シュヴァリエ
【ETC.】1870'プロイセンのビスマルクは普仏戦争終結の条件としてフランス側に支払不可能とも思える賠償金を要求します。フランスは銀行家のRothschildが財力を結集し支払を完了します。これを聞いたビスマルクは拳を机にたたきつけ激怒します。その際にインク瓶が飛び散り机一面を汚した執務用の机がラフィット館に家宝として保管されています。
【ユダヤの国際財閥Rothschild家】 
ドイツのフランクフルトで古物商兼両替商をしていたマイヤー・アムシェルは5人の息子をフランクフルト、ロンドン、パリ、ウイーン、ナポリの主要都市に分散し巨大な金融帝国を築き上げました。
ロンドンRothschildが1853年にCh.Moutonを購入。そののちパリRothschild家は1868年にCh.Lafiteを購入。
エチケット↴
4-4