2018年2月23日金曜日

ボルドーワイン  Ch.Kirvan 1994'

【思い出】2003’9/24 マルゴーのワインに余り良い印象が無かった。やはり家族経営で真面目に良いワイン造りに励んでるシャトーのワインはいいね。
【Menu】
【大好き印】★★
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine / Medoc Troisiemes Crus  (第3級) 
【地 域】Bordeaux
【地 区】Medoc
【村 名】Margaux
【Sepages】40/CS  20/CF  30/ME  10/PV 
【ETC.】1991年からミシェル・ロランがワイン造りに参加
【所有者】【生産者】【栽培業者】シラー家
エチケット↴


ボルドーワイン  Ch.Pichon Longueville Baron 1994'

【思い出】2003’9/00 しっかりした味わいでお値打ち品です。
【Menu】
【大好き印】★★★
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine /  Medoc Seconds Cru Classe(第2級) 
【地 域】Bordeaux
【地 区】Medoc
【村 名】Pauillac 
【Sepages】60/CS 35/ME 4/CF 1/PV 
【所有者】AXA保険
【生産者】【栽培業者】Ch.Lynch BagesのJ.M.Cazes氏が運営している。
【ETC.】Ch.Pichon Longueville Comtesse de Lalandeと区別するために、ボルドーでは親しみを込めて「バロン」の愛称で呼ばれている。
エチケット↴
Ch.Pichon Longueville Baron
 Ch.Pichon Longueville Comtesse de Lalande
【歴史】
メドックの大部分は沼地で、この地域の開拓が始まったのは17世紀頃のことだった。
1686年~1689年、ポイヤック村近くのサン・ランベールに“40の砂利が多い良い区画”を開拓したピエール・ド・ムジュール・ドゥ・ローザンからPichon Longuevilleの歴史が始まる。
1694年、娘テレーズが、当時ボルドーの議会長であったジャック・ドゥ・ピション・ロングヴィルと結婚してから、このブドウ畑の名声は高まっていくこととなる。
1850年、当時のオーナーのバロン・ジョセフ・ドゥ・ロングヴィルが亡くなり、シャトーは2つに分かれる。5人の子供が平等に相続するはずであったが、次男も亡くなっており、ピション・ロングヴィルの5分の2にあたる部分を長男のラウールが一人で相続することとなった。残り5分の3の畑は3人の娘が引き継ぐこととなったが、長女はすでに修道女、残り2人の娘もすでに嫁いでいたため、管理が困難となっていた。
ラウールが他界する1860年までは、2つのシャトーに分割されていたものの、1つのシャトーとして管理されていた。その後Pichon Longueville BaronPichon Longueville Comtesse de Lalandeに正式に分裂する。

1933年、Pichon Longueville Baronは、Ch.Lanessanの所有者であったブッテイエ家に売却され、ジャン・ブッテイエとその息子であるベルトランによってワイン作りが行われた。
1987年、当時は14人ものオーナーがいたこのシャトーを、現在のオーナーである、アクサ保険のグループ会社である「アクサ・ミレジム」が購入し現在に至る。

2018年2月22日木曜日

ボルドーワイン  Clos du Marquis 1999'

【思い出】2003’10/00 家飲み メッドック最高のセカンドワインっていうかこれをセカンドにするLeoville Las-Casesって凄いわ。
【Menu】
【大好き印】★★★
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine  / Second Labe
Medoc Seconds Cru Classe(第2級)・Leoville Las-Casesのセカンドワイン

【地 域】Bordeaux
【地 区】Medoc
【村 名】St.-Julien
【Sepages】/65/CS  19/ME  13/CF  3/PV 
【所有者】【生産者】【栽培業者】Leoville Las-Cases
【ETC.】Leoville Las Cases , Leoville Barton , Leoville Poyferre は同一畑だった。
エチケット↴




ブルゴーニューワイン  Chablis La Chanfleure (Maison Louis Latour) 2001'

【思い出】2001'7/16 適当な酸味ですがChablis特有のキリッとする感じも有り良いよ。
【大好き印】★★
【種類格付けAOCワイン / AC.Chablis
1978年シャブリ特有の下記の4つの格付けがなされる。
*Chablis Grands Crus(特級)5.0%
*Chablis Premieres Crus (1級)31.0%
*Chablis 59.5%
*Petit Chablis 4.5%
【地 域】Bourgogne(Burgundy)
【地 区】Chablis
【生産者】Maison Louis Latour
【Sepages】Chardonnay
【ETC.】ブルゴーニュで最も北にあり葡萄畑は、約20kmに及ぶスラン川の流域の小さな谷となだらかな丘陵にある。そこから素晴らしい辛口白ワインが産出される。
エチケット↴




2018年2月20日火曜日

フランスワイン(Champagne) Veuve Clicquot Ponsardin (Brut)

ルイ・ヴィトンが生み出す「イエローラベル」という通称で呼ばれているヴーヴ・クリコのスタンダードクラスのシャンパーニュ。Brut(極辛口)
【思い出】2003'10/00 
【大好き印】★★★★
【種類・格付け】AOCワイン
【地 域】AC Champagne
【地 区】Montagne de Reims カーブはReimsに有る。
シャンパーニュのカーヴは、ブドウ畑の下層にあり、その下層土壌は石灰岩で、ワインの熟成にはうってつけの条件を備えている。深さ10~50mの石灰岩に掘られたカーヴの中は、光も音も届かず、8~12度の気温で湿度も一定である。
【Sepages】50~55/Pinot Noir 15~20/Pinot Meunier 28~30/Chardonnay
【所有者】LVMHグループ
【生産者】Moet Chandon
1743年創設のシャンパーニュの最大メーカー。3代目ジャン・レミーの時代の顧客リストには、ナポレオン1世他貴族や社交界の著名人が連ねられている。
【ETC.】BordeauxではChateau、BourgogneではClimat(畑名)、Alsaceでは葡萄品種、Champagneではブランド(メーカー)が重要。と言う事であれば超一流品。
【Ponsardin】
Veuve Clicquotの数あるラインナップの中でも、メゾンを代表する200年変わらぬスタイルとして、最も重要なのが、この「Ponsardin」です。
特級畑と一級畑を中心に約50種類のロットをアッサンブラージュし、さらにヴィンテージの異なるリザーヴワインを25%から40%使用して作り出される、ミネラルたっぷりのしっかりとした骨格をもつ味わいは、まさにヴーヴ・クリコ・スタイルそのものです。
エチケット↴




ボルドーワイン  Ch.Puygueraud 2001'

【思い出】2003’10/12  タンニンが少し軽いのでボケた感じがする。
【Menu】
【大好き印】★★★
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine  / Cotes de Francs
【地 域】Bordeaux
【地 区】Libournais
【村 名】Francs
【Sepages】10/CF  85/ME  5/Malbec 
【所有者】シャトー・ル・パン所有の名門ティエポン・ファミリーが造ったワイン。
【ETC.】比較的手ごろな値段で、重厚な味わいとバランスの取れた果実味が気にいって常備品にしてました。
エチケット↴
Ch.Puygueraud
Le Pin


ボルドーワイン  Selection Grangerou 2001'

【思い出】2003'9/00 この価格で風味(カシス、カカオ)がしっかり感じられ、味わいも酸味と渋みがしっかりしている。
【大好き印】
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine  / Haut-Medoc
【地 域】Bordeaux
【地 区】Haut-Medoc
【村 名】畑はACマルゴーの境界線上に位置している。
【Sepages】70/CS 30/ME
【所有者】【生産者】Ch.desEyrins      
親子3代続いたCh.Margauxのセラーマスター達による70年に渡る技術と経験が余すことなく盛り込まれたワイン。
エチケット↴ 3-2
左から Marcellus / Marcel / Jean