2018年11月10日土曜日

martinのお勧めチリワイン

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ Aconcagua Valley☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【Errazuriz Don Maximiano Founder's Reserve】
【地 区】Aconcagua Valley
【所有者】Errazuriz   1870年にサンチャゴ郊外のパンケウケに創設された由緒あるワイナリー。敷地内にある創業者の名をとったドン・マキシミアーノ畑があり、この区画から産出される同社の最高峰がこのワイン。
【sepages】85/CS  15/CF

【Sena】
【地 区】Aconcagua Valley
【所有者】Errazuriz、Robert  Mondavi、Caliterraの合作によるスーパープレミアム。エラスリスの自己所有畑「ドン・マキシミアーノ」のブドウから造られる。
【sepages】90/CS  10/Carmenere

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆Central Maipo Valley☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【Concha Y Toro】
【地 区】Maipo Valley
【所有者】Concha Y Toro
1883年、創始者のドン・メルチョー氏がボルドーからぶどうの苗を持ち帰り、ブドウ畑を開墾したと言われます。2000haという広大なブドウ畑を所有する。
   【Don Melchor Cabernet Sauvignon】
   【sepages】100/CS

   【Terrunyo Cabernet Sauvignon】
   【sepages】80/CS  10/ME  10/Carmenere

   【Casillero del Diablo Cabernet Sauvignon】
   【sepages】100/CS

   【Sunrise Cabernet Sauvignon】
   【sepages】CS他

【Almaviva】
【地 区】Maipo Valley
【所有者】Concha Y Toroとbaron Philippe de Rothschildの合作。
1998年9月に初リリース。
【sepages】75/CS  19/ME  6/CF
【ETC】名前の由来は、モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」の登場人物、好色アルマヴィヴァ伯爵。ラベルは宇宙と大地のイメージをシンボル化したもので、チリの先祖伝来の歴史に対する敬意を表し、ラテン民族・マブチェ族により慣習的に使われてきたクルツゥーランの太鼓がデザインされています。

【Vina Quebrada de Macul Domus Aurea】
【地 区】Maipo Valley
【所有者】Vina Quebrada de Macul
【sepages】100/CS
【ETC】1998年11月に初ヴィンテージである1996年のドムス・アウレアをリリースしたばかりの新しいワイナリー。もともと「コンチャ・イ・トロ」「サンタ・リタ」「エラスリス」のために高級ワイン用ブドウを造っていた。
コウシニョ・マクールの上部にある19haの畑からチリの高名な醸造家イグナシオ・レカバレン氏のプロデュース。ドムス・アウレアとは「黄金の家」の意味。特徴的なラベルは、チリの有名画家ベンジャミン・ヒーラの作品。

【Santa Carolina】
【地 区】Maipo Valley
【ETC】レンガ造りの地下セラーは、国の重要文化財に指定されている。
    チリの3大ワイナリーの一つ。
  【Sauvignon Blanc Reserva】
  【sepages】100/SB 
  
  【Reserva de Familia Chardonnay】  
  【sepages】Chardonnay
  【ETC】Santa Carolinaの最上級ワイン。
      樹齢80年から100年の樹から造られます。

【Caliterra Chardonnay Reserva】
【地 区】Maipo Valley
【所有者】Caliterra
【sepages】Chardonnay
【ETC】非常にキレのある酸味が特徴

【Prima Cabernet Sauvignon】
【地 区】Maipo Valley
【所有者】イタリア系3世による家族経営のワイナリー
【sepages】100/CS
【ETC】

【Domaine Paul Bruno Cabernet Sauvignon】
【地 区】Maipo Valley
【所有者】Domaine Paul Bruno
【sepages】100/CS
【ETC】 Paul Pontallier (Ch.Maugaux)とBruno Borie(Ch.Cos D'estournel)がチリで造るワイン。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆Rapel Valley☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【Montes】
【地 区】Rapel Valley  
【ETC】1988年に「チリ産プレミアム・クオリティ・ワインを造る」という志を持つ4人の出資者によって設立。クリコ・ヴァレーに約100haの畑を所有。

     【Montes Alpha M】
     【sepages】80/CS  10/ME  10/CF
     【ETC】

     【Montes Folly】
     【sepages】100/Syrah

【Casa Lapostolle】
【地 区】Rapel Valley(Colchagua Valley地区)
【所有者】Casa Lapostolle

     【Casa Lapostolle Clos Apalta】
     【醸造家】Michel Rollandがコンサルタントするスーパープレミアムワイン
     【sepages】95/ME 5/CS
     【ETC】1997年が初ヴィンテージ

     【Casa Lapostolle Cuvee Alexandre Cabernet Sauvignon】
     【醸造家】Michel Rollandがコンサルタントするスーパープレミアムワイン
     【sepages】100/CS

     【Casa Lapostolle Cabernet Sauvignon】
     【sepages】100/CS

【Santa Rita】
【地 区】 Rapel Valley
【所有者】Santa Rita

     【Santa Rita Cabernet Sauvignon】
     【sepages】100/CS

     【Santa Rita 120 Chardonnay】
     【sepages】Chardonnay
     【ETC】このワインの120(シエント・ベインテ)というのは、1810年のスペインからの独立戦争時、戦場から敗走した兵士120名をこのワイナリーがかくまったという逸話に因んだもの。

【Luis Felipe Edwards】
【地 区】Rapel Valley (Colchagua Valley地区)
【所有者】 Luis Felipe Edwards
チリのセントラル地区、コルチャグア・ヴァレーに位置し、自社畑を約200ha持つワイナリー。樹齢3~60年のカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネ、メルローなどが植えられています。厳選されたぶどうのみを使用し、生産、瓶詰め、出荷までを独自に行なうという、厳しくコントロールされたワイナリー。
【醸造家】チリの有名な醸造家フェリペ・ド・ソルミニャック氏を主任エノロジストに、シャトー・ラフィットのディレクター、ジルベール・ロヴァム氏をコンサルタントに迎えています。

        【Luis Felipe Edwards Cabernet Sauvignon Reserva】
        【sepages】100/CS : このリゼルヴァは樹齢50年以上のブドウを使っているということ。落ち着いたガーネットにやや熟成が入ったエッジの色合い。やや青さを残すカシスの風味、木屑、アメリカン・オークのアロマ。チリとしては締った感じのみずみずしい果実、程よいタンニンが余韻を締める。

         【Luis Felipe Edwards Carmenere】
         【sepages】カルメネールは、18世紀初頭にはメドックで多く栽培されていた。

         【Luis Felipe Edwards Dona Bernarda Coleccion Privada】   
         【sepages】100/CS :
         【ETC】樹齢60年の古樹、
       4月に収穫され27~28℃で発酵、
       フレンチ・オーク樽で12ヶ月熟成、
       壜熟12ヶ月後に出荷。

【Torreon de Paredes Chardonnay Reserve】
【地 区】 Rapel Valley
【所有者】Torreon de Paredes
【sepages】Chardonnay

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆Curico Valley☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【 Montes Alpha Merlot】
【Montes Alpha Cabernet Sauvignon】

【Vina Echeverria】
 エチェベリア家は300年前にスペインのバスク地方から移住する。
 セントラルヴァレーの中央、クリコヴァレー・モリナ地区にあるワイナリー。
 【Echeverria Family Reserve Cabernet Sauvignon】
 【Echeverria Family Reserve Chardonnay】
 【Echeverria Sauvignon Blanc Special Selection】

【Vina San Pedro Cabo de Hornos】
【地 区】Curico Valley(ロントゥエ地区)
【所有者】Vina San Pedro
1865年創立、チリのワイナリーで2番目の輸出高、1000haという自社畑を持つ名門ワイナリー。
【醸造家】
【sepages】100/CS