2018年1月18日木曜日

ボルドーワイン Ch.Moulin Saint Georges 1998' 1999'

【思い出】2003'7/27 栄孝の一周忌をロイヤルホテルで無事いとなみ家で偲びながら飲んでいます。32歳で人生を終えた栄孝の無念に心が支配される夜でした。
「死は永遠の生である」と自分を納得させ、私の心の中で日々一緒に生活していきます。

割烹「手崎」の親父に紹介されて以来、我家の食卓に並ぶCh.Moulin Saint Georges。色 あくまで濃く深く華やかな香りを食卓に漂わせています。Ch.Ausoneのオーナーが造り出すお買い得な傑作ワインMoulin Saint Georgesでした。
【大好き印】★★★
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine  / St-Emilion Grands crus 
【地 域】Bordeaux
【地 区】Libournais
【村 名】St.Emilion
【所有者】カトリーヌ&アラン・ヴォーティエ
【Sepages】6/CS  34/CF  60/ME  /PV 
【平均年間生産量】3万5000本
【畑】7ha、平均樹齢25年、植樹密度5500本/ha、平均収量45hl/ha
【育て方】発酵とマセレーションは温度管理されたステンレス槽で21~28日間。マロラクティックと15~18ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄と濾過はヴィンテージによる。
【ETC.】南東向きのオーゾンヌと道を挟んですぐ向かいの西向き斜面に畑があり、土壌も同じ粘土石灰質、オーゾンヌのジュニア版的なワインですが両シャトーの畑は離れておらず、しばしば、より誉れ高い兄貴分の特徴を持っている事が多い。
Ausoneをもっと早く熟成させ、若いうちに飲むのに適した、安目のワインに仕上げているので、ここのワインは通常どのヴィンテージでも最高の掘り出し物、価格がリーズナブル、サン=テミリオンで最もお値打ちなワインの1つ。
エチケット↴
7-1
2-1