2017年7月6日木曜日

超甘口の高級デザート酒「シェリー」。Sherry(Vino de Xerez)

【思い出】2002’  食後の家飲み常備品
【大好き印】★★★
【種類・格付けDOCaワイン / Jerez-Xérès-Sherry
「Denominación de Origen Calificada」統制保証付原産地呼称
特選原産地呼称ワイン。DO産ワインの中から、厳しい基準で昇格が認められた高品質ワイン。1991年に最初の地方としてリオハ、2003年にプリオラート、2008年にリベラ・デル・ドゥエロがみとめられました。イタリアのDOCGと類似しており、認められた生産地域とワインは高品質を保証しています。
【地 方】アンダルシア州カディス県ヘレス・デ・ラ・フロンテーラとその周辺地域
【醸造業者】1781年創業のサンチェスロマテ社。熟成にゆっくり時間をかけ高品質のシェリーを生み出しています。
【Sepages】Pedro Ximenez
【ETC.】酒精強化ワイン(シェリー、ポルト、マディラ)
シェリーはスペインの地中海の冷涼な気候がFlor(フロール、花)を繁殖させたアンダルシア州カディス県地域独特のお酒です。その地域の中でも、「ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ」「エル・プレルト・デ・サンタマリア」「サンルーカル・デ・パラメダ」の3つの地で囲まれたエリアで獲れた葡萄で造られた白ワインをシェリー用に使用します。熟成をこれらの地域で行わないと「シェリー」と呼ぶことが出来ません。
どの地域のワインを使用するのか?というよりもどの地域で熟したか?ということが重要な要素となっており栽培業者よりも「醸造・ブレンド・熟成」が重要です。

シェリーはさかのぼること1339年に起こったイギリス・フランスの100年戦争が大きなきっかけだといわれています。
それまでイギリスはフランスのボルドーからワインを自国に運び「クラレット」と呼び人気の飲み物でしたが、戦争のために国内の需要に供給が追いつかなくなってしまったために他のお酒を探しましたが、普通のお酒では樽に詰めての船の長旅には向かなかったので、ポルトガルの「ポート」やこのスペインの「シェリー」の酒精強化ワインに注目が集まりました。
ポートやシェリーは船の長旅でも痛まない為にイギリスで普及し、その空き樽でウィスキーの熟成も始まりシングルモルトにも多大な影響を与えた。

エチケット↴
【Pedro Ximenez】ペドロ・ヒメネス種のぶどうを干して、干しぶどうの状態にしてから造られるシェリー。甘口の高級デザート酒。色は濃く、カラメル色、チョコレート色。
香りは強く、黒糖やカラメルのような香り。トロリとして粘りのある酒質。コクがあり、ボディも豊か。余韻も長く、後味にナッツやカラメルの要素が感じられます。
左瓶はRomate Pedro Ximenez Cardenal Cisneros25年。ローストした味わいと強い甘口のペドロヒメネスです。オロロソをベースにペドロヒメネスをブレンドしたクリームシェリーです。
右瓶はRomate Pedro Ximenez La Sacristia de romate35年 。香り高く、円やかな味わい、わずかに辛口です。熟成による完成されたバランス感は極めて秀逸で長期熟成シェリーならではのこなれた味わいが十分楽しめます。
 
ソレラシステム↴