2017年5月26日金曜日

ボルドーワイン  Ch.Larcis Ducasse 1997'

【思い出】2002’5/19
【大好き印】★★★
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine  / St-Emilion Grands crus
【地 域】Bordeaux
【地 区】Libournais
【村 名】St.Emilion
【Sepages】10/CS 25/CF 65/ME 
【ETC.】Ch.Pavieの隣。2012' よりPremiers Grands Crus Classes 「Classes-B」に昇格する。
【所有者】2002年パヴィ・マガンを経営するジャック・ティエンポンに経営を譲った。
エチケット↴


ブルゴーニュワイン Bourgogne La Monatine (Chardonnay) 2000'

【思い出】2002'5/28 イカ釣りに出かける。釣果はコウイカ1匹、スルメイカ12匹。
【MENUE】コウイカの湯引き、イカ刺し、イカスミ炒め、イカみそ炒め。
【大好き印】★★
【種類格付けAOCワイン / Regionales (地域名)
【地 域】Bourgogne(Burgundy)
【地 区】Cote d'or-Cote de Beaune
【村 名Meursault
【生産者】Domaine Alain Patriarche 
【Sepages】Chardonnay
【ETC.】Domaine元詰めワイン
エチケット↴


2017年5月25日木曜日

フランスワイン Domaine de Trevallon 1995'

【思い出】2002'5/26
【大好き印】★★☆
【Menu】烏賊の一夜干しでじっくり飲みました。
【種類・格付けAOCワイン / Generic Wine / Vin de pays des Bouches du Rhone
【地 域】Provence
【地 区】Les Baux de Provence
【所有者】プロヴァンスno1の造り手と評価の高いエロイ・デュルバック氏がオーナー。
父親が1955年に別荘として購入したこの土地に1973年より住みつき、それまで葡萄畑など存在しなかった土地に葡萄を植え始め、1976年に最初のヴィンテージを瓶詰めしました。ヘクタール当たり、25~30ヘクトリットルとコートドールの特級なみの低収量、そして最低でも1年半以上樽熟させ、真価を発揮するのに10年以上の熟成が必要な素晴らしいワインを造っています。
価格は通常のヴァンドペイの8~10倍、イタリヤのSuperTuscany同様ヴァンドペイの常識を覆しているワインです。
【Sepages】50/CS  50/Syrah 
1993'のアペラション創設時にLes Baux de Provenceでは20%以上のカベルネ・ソーヴィニョンをブレンドすることが認められなくなり、「格下げ」を余儀なくされVin de pays des Bouches du Rhoneとしてリリースしている。
【ETC.】
ロマネ・コンティのオベール・ド・ヴィレーヌ氏がTrevallonに感銘を受けた事がロバート・パーカーに知られることとなり、試飲したロバートパーカーに「人生最大の発見」と言わしめた。そして1982ヴィンテージが脚光を浴びることとなった。
エチケット↴
画家で彫刻家だった父へのオマージュとして、1996年より父の残した絵を毎年異なるラベルにして使用しています。4-3

【Menu】タコ焼き、沖漬を先ずビールで軽くいって「岩ガキ」「地鶏刺身」を泡物で。
【大好き印】★★
【種類・格付けAOC.Champagne.
【栽培地】Valee de la marn
【地区】Epernay
シャンパーニュのカーヴは、ブドウ畑の下層にあり、その下層土壌は石灰岩で、ワインの熟成にはうってつけの条件を備えている。深さ10~50mの石灰岩に掘られたカーヴの中は、光も音も届かず、8~12度の気温で湿度も一定である。
【Sepages30~40/Pino Meunier   20~30/Chardonnay  30~40/Pino Noir
【所有者】【生産者】1743年創立の最古最大の栽培業者です。特級銘柄のDom Perignonはワイン好きの憧れの的です。系列会社にVeuve Clicquot . Mercier . Pommery . Ruinart . Hennessyなどそうそうたる会社が有ります。
英国王室、スペイン、ベルギー、スウェーデン、デンマークの王室、バチカンの御用を賜っています。
【Brut Imperial】IMPERIALはフランス語で「皇帝のもの」の意味でナポレオン1世とモエ家の関係を語っているものです。
【ETC.】BordeauxではChateau、BourgogneではClimat(畑名)、Alsaceでは葡萄品種、Champagneではブランド(メーカー)が重要。12-10
エチケット↴

フランスワイン(Champagne)  Moet & Chadon Champagne Brut Imperial

【思い出】2002'5/26  家飲み
【大好き印】★★
【Menu】タコ焼き、沖漬を先ずビールで軽くいって「岩ガキ」「地鶏刺身」を泡物で。
【種類・格付けAOC.Champagne.
【栽培地】Valee de la marn
【地区】Epernay
シャンパーニュのカーヴは、ブドウ畑の下層にあり、その下層土壌は石灰岩で、ワインの熟成にはうってつけの条件を備えている。深さ10~50mの石灰岩に掘られたカーヴの中は、光も音も届かず、8~12度の気温で湿度も一定である。
【Sepages30~40/Pino Meunier   20~30/Chardonnay  30~40/Pino Noir
【所有者】【生産者】1743年創立の最古最大の栽培業者です。特級銘柄のDom Perignonはワイン好きの憧れの的です。系列会社にVeuve Clicquot . Mercier . Pommery . Ruinart . Hennessyなどそうそうたる会社が有ります。
英国王室、スペイン、ベルギー、スウェーデン、デンマークの王室、バチカンの御用を賜っています。
【Brut Imperial】IMPERIALはフランス語で「皇帝のもの」の意味でナポレオン1世とモエ家の関係を語っているものです。
【ETC.】BordeauxではChateau、BourgogneではClimat(畑名)、Alsaceでは葡萄品種、Champagneではブランド(メーカー)が重要。12-8
エチケット↴

【Menu】Trevallonは烏賊の一夜干しでじっくり飲みました。
【大好き印】★★☆
【種類・格付けAOCワイン / Generic Wine / Vin de pays des Bouches du Rhone
【地 域】Provence
【地 区】Les Baux de Provence
【所有者】プロヴァンスno1の造り手と評価の高いエロイ・デュルバック氏がオーナー。
父親が1955年に別荘として購入したこの土地に1973年より住みつき、それまで葡萄畑など存在しなかった土地に葡萄を植え始め、1976年に最初のヴィンテージを瓶詰めしました。ヘクタール当たり、25~30ヘクトリットルとコートドールの特級なみの低収量、そして最低でも1年半以上樽熟させ、真価を発揮するのに10年以上の熟成が必要な素晴らしいワインを造っています。
価格は通常のヴァンドペイの8~10倍、イタリヤのSuperTuscany同様ヴァンドペイの常識を覆しているワインです。
【Sepages】50/CS  50/Syrah 
1993'のアペラション創設時にLes Baux de Provenceでは20%以上のカベルネ・ソーヴィニョンをブレンドすることが認められなくなり、「格下げ」を余儀なくされVin de pays des Bouches du Rhoneとしてリリースしている。
【ETC.】
ロマネ・コンティのオベール・ド・ヴィレーヌ氏がTrevallonに感銘を受けた事がロバート・パーカーに知られることとなり、試飲したロバートパーカーに「人生最大の発見」と言わしめた。そして1982ヴィンテージが脚光を浴びることとなった。
エチケット↴
画家で彫刻家だった父へのオマージュとして、1996年より父の残した絵を毎年異なるラベルにして使用しています。

2017年5月10日水曜日

ボルドーワイン  Ch.Qinault L'Enclos1997'

【思い出】2002’5/20  Hawaii Hilo行の前夜にも飲んだ
【大好き印】★★
【種類・格付けAOCワイン / Chateau Wine / St-Emilion Grands crus
【地 域】Bordeaux
【地 区】Libournais
【村 名】St.Emilion
【Sepages】10/CS  15/CF  70/ME  5/Ma
【所有者】【生産者】アラン及びフランソワーズ・レイノーによって運営。
テロワール的にはポムロールの特徴を備え、ポムロールを代表する「ラフルール」との類似性が見られる。1997’は記念すべきファーストヴィンテージです。 


【ETC.】St-Emilionは同一地域の中に、St-Emilion Grands Crusと言う別のACがあり、Classeの付かないこの「Grands Crus」表示のワインは、定められた畑(土地)ではなく、質によって選ばれており定期的に検討される。
基本収穫量、官能検査、12ヶ月以上の熟成、シャトー瓶詰などが義務付けられ約200ほどのシャトーが指定されている。
このAC表記のワインは「Grands Crus」の付かない単なる「Saint-Emilion」より、若干上質と言う程度の理解の仕方が妥当と思われ、生産者の違いが大事だと思います。