2016年8月18日木曜日

ボルドーワイン  Ch.Talbot 1994'

【大好き印】★★★
【種 類】AOC Chateau Wine
【地 域】Bordeaux
【地 区】Le Medoc
【コミューン】St-Julien
【格付け】Medoc Quatriemes Cru Classe(第4級)
【生産者】
【Sepages】66/CS  3/CF  26/ME 5/PV
【思い出】1999’2/17 エプバンタイユでレイとヤヤの3人で祝○○○
この一本もサン・ジュリアンの特徴である西洋杉のようなスパイシーな香りと濃厚な味わいが溢れていました。
【ETC.】ホタテ貝の刺身、サゴチの香草焼き、子羊のバナナの春巻風、ブルーチーズなど
エチケット↴




2016年8月8日月曜日

ボルドーワイン  Ch.d'Armailhac 1994'

【大好き印】★★★
【種 類】AOC Chateau Wine
【地 域】Bordeaux
【地 区】Le Medoc
【コミューン】Pauilac
【格付け】Medoc Cinquiemes Cru Classe(第5級)
【生産者】ch.Mouton Rothschildと同一所有
【Sepages】57/CS  18/CF  23/ME 2/PV
【思い出】1998’2/15 
【ETC.】
エチケット↴

2016年8月7日日曜日

ボルドーワイン  Ch.Potensac 1995'

【大好き印】★
【種類・格付け】AOC.Medoc Cru Bourgeois 
【地 域】Bordeaux
【地 区】Le Medoc
【コミューン】Haut Medoc (Macau村)
【生産者】Ch.Le'oville Las Cases(超2級) 醸造コンサルタントにミッシェル・ロランを招き入れています。
【Sepages】40/CS  12/CF  48/ME 
【思い出】1999’2/15   1995’はボルドーの当たり年。黒系果実(チェリー、カシス、ブルーベリー)アロマに、ハーブ、森の下草、ドライフラワーのニュアンスがあり、きめ細かなタンニン、ピュアな果実味が口いっぱいに広がり、爽やかで洗練された余韻が続く楽しい一本でした。
【ETC.】Ch.Le'oville Las Cases(超2級)が所有するLassalle , Gallais-Bellevueの二つに隣接しておりLe'oville Las Casesのスタッフが手掛けています
エチケット↴

チリワイン Almaviva 1996'ファーストヴィンテージ

【思い出】1999'2/10 家飲み ファーストヴィンテージにして早くも風格が・・・・
【大好き印】★★★★
【産 地】Chile
【地 区】Maipo Valley
【生産者】Ch.Mouton Rothschild  JV  Conchay-Toro
【主sepages】CS ME  CF をブレンドしたボルドースタイルのワイン。
【ETC.】ファーストヴィンテージにして早くもチリ最高峰のワインの一つといわれています。近年のチリは新しい醸造技術の実験場の趣きで世界的にも人気のあるワインの産出国になっており目がはなせませんね。
エチケット↴


2016年8月3日水曜日

ボルドーワイン  Ch.Gloria 1993'

【大好き印】★★★
【種 類】AOC Chateau Wine
【地 域】Bordeaux
【地 区】Le Medoc
【コミューン】St-Julien
【格付け】Cru Bourgeois
【生産者】
【Sepages】65/CS  5/CF  15/ME 5/PV
【思い出】1999’2/10 西洋杉のようなスパイシーな香り、味わいは果実味が溢れています。
【ETC.】Cru Bourgeoisながら格付けシャトー並みの評価をされているのは当然で以下のシャトーから購入した畑でこのシャトーは構成されている。⇒ Ch.Le'oville Las Cases(2級) Ch.Le'oville Poyferre(2級) Ch.Leoville Barton(2級) Ch.Ducre Beaucaillou(2級) Ch.Gruaud Larose(2級) Ch.Lagrange(3級)
言い換えるとCh.Gloriaを飲めば同時にこれら6シャトーを味わえるのかも(^-^)
エチケット↴