2014年7月7日月曜日

フランスワイン Rhoneについて

ローヌワインは、北部と南部では出来るワインの性格は大きく異なる。

北部ローヌはコルナスの並はずれた段丘やエルミタージュの堂々とした丘など非常に範囲の限定されたクリュが固まった地方で、夏暑く冬寒い大陸性気候で、酸味と渋みのバランスのよい上質なワインを小量産出する。
Northern RhoneのAOC↴

南部ローヌは、夏は暑いが、冬はミストラルによって雲のない地中海性気候の下、広大な畑が広がっていて、素朴で安価なワインの大量供給地であると共に、アヴィニヨン周辺には個性的ワインの生産地も点在する。
Southen RhoneのAOC↴