2014年6月28日土曜日

ボルドーワイン  Bordeaux Wine 概要

ボルドーはフランスのACワインの約4分の1に当たる膨大な量のワインを産出する。また質においても並酒から最高級ワインに至るまで幅広く多彩な銘醸地域である。
歴史的に英国領だったこともあり、広く海外で愛飲され、現在でもその多くが輸出されている。
ボルドーは銘酒がシャトーワインであることが大きな特色、7対3で赤が主体。
海に近いこともあり温暖な気候は葡萄栽培に適しており、その生産地はジロンド河とその支流の流域にある。
ボルドーは大きく5つの地区に分けられる。
Le Medoc (メドック)
Les Graves (グラーブ)
Libournais (リブルネ)
Entre-deux-Mers (アントル・ドゥ・メール)
Blayais et Bourgeais (ブライ・ブール)






















ボルドーのAOC

「地域AOC」
Bordeaux
Bordeau Superieux

地区AOC」
AC Medoc 
Haut-Madoc

村名AOC」
St-Estephe
Pauilac
St-Julien
Margaux
Listrac-Medoc & Moulis

ボルドーのAOCは村名AOCまで。
ブルゴーニュのように、その上の、畑名AOC(1級と特級)はなくChateau Wineの中でも常に高品質ワインを造っているシャトーには公的「格付け」がなされている。
AOCと「シャトーの格付け」とは全く別のもの。
ボルドーワインは「シャトー・ワイン」と「ゼネリック・ワイン」に分かれる。

「Chateau Wine」
シャトー・ワインの中でも常に高品質ワインを造っているシャトーには公的「格付け」がなされておりラベルには「Cru Classe」と表示し区別している。
公的「格付け」がされている4地区
*Medoc (1855年制定)
*Sauternes (1855年制定)
*Graves (2003年制定)
*St-Emilion (2006年制定) 

1855年の格付け(Medoc&Sauternes の Crus Classes)
ナポレオン3世によって、この年の万博の目玉商品として、ボルドーワインの高級品を選び出し格付をした。「赤」についてはメドックのものが選ばれ、1級から5級までのランク付けがされた。
グラーブの「オー・ブリオン」がメドック以外で唯一の例外として選ばれた。
1973年「ムートン・ロートシルト」が2級から1級に昇格した以外は改訂されていない。
「白」についてはソーテルヌのものが選ばれた。
ボルドーを代表する最高級ワインとして赤ワイン61、白ワイン26のシャトーが選ばれ、「ボルドーの格付けシャトー」「ボルドーの格付けワイン」と言われている。

「MEdoc赤ワインのラベル表示」
 1級に付いてはPremier Grande Cru Classe。
 2級から5級は、全てGrande Cru Classeと表示し、クラス分けの表示はない。
 メドックでは「Crus Classes」の下にメドックのブルジョワ級(Medoc Cru bourgeois)を設けている。

「セカンド・ラベル Second Label」
ボルドーの高級ワインは、ぶどうの品種別、畑別に醸造し、個別に樽貯蔵する。それらを試飲し、選別したものをブレンドして、シャトー名にふさわしいワインを造る。この時、選別からもれたワインをさらに選別して、別の名称のワインを造る。これを「セカンド・ラベル」と言う。
概して樹齢の若い木から造ったワインが中心となるので、比較的軽く、早く飲めるタイプになる。主にGrande Crus Classes格付けシャトーで行われている。

「シャトー・システム」
ボルドーの特有の制度として確立している。
ボルドーでシャトー名をラベルに表示したワインを市場に出すための条件。
・自己の葡萄畑で栽培した葡萄のみを使用する
・自分の醸造所でワインに仕込む
・自分のところで樽貯蔵する
・自分のところで瓶詰めを行う
畑や醸造所の設備などへの条件はありません。

「Generic Wine」
シャトー名のないもので、一般的には、地域・地区・村のAOCの名前が大きくラベルに表示されている。
ボルドーの大手酒商(メーカーやネゴシアン)が、その地区や村の葡萄や樽酒を買い集め、混醸したワインを言う。 当然、他の地区や他の村の葡萄や酒を混ぜることは出来ない。
ワインはその地区や村の性格を反映し、ACの規定に従った一定の水準以上のものである。
AOC上、3種類に分けられる。
ボルドー全域のもの「Bordeaux」
地区のもの「Medocや Graves・・・・」
村のもの「MargauxやSt-Emilion・・・・」 セミ・ゼネリック」とワンランク上の呼び方をする。