2014年10月29日水曜日

イタリアワイン  エチケット(ラベル)の読み方

ワインは、産地の気候・地形・土壌、それと風土がワインの性格を作っている以上、産地情報を知る事が大事です。
イタリア半島は葡萄栽培の長い歴史を持っており驚く程の数の品種があり、それらをラベルから読み取らなければいけない。ラベルから産地 、収穫年、生産者などの情報を読み取りワインを買います。というもののイタリアワインのラベルは、そのデザインが様々で非常に多様ですので難儀です。
イタリアワインに於いては個人主義的なイタリア人気質がワイン造りに反映していますので銘柄以上に生産者を知る事が大事です。

イタリア半島は日本の緯度に当てはめれば、樺太南部から金沢に相当する位置にあり、日本同様、地方によって気候、風土は大きく変化します。
この半島はローマ帝国崩壊以降長い間、権力が地方に分散されていた事により地域によって歴史が大きく異なります。
この多様な風土と歴史を持つ半島の総ての地域でワインが造られておりワインの種類は驚くほど多いです。

この多様性がイタリア・ワインの特徴であり、悪く言うとイタリア・ワインを分かり難いものにしています。ワイン名も産地の地名であったり、品種名であったり、歴史や物語から取ったものだったりと、分かりにくさに拍車を掛けています。

地図↴
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Riserva」この表示のないワインより上質の上級酒を意味する。
「Superiore」Riservaとほぼ同等の意味
「Classico」古くからそのワインを生産していた特定の地域を表します。これの付かないワインより一般的には上質と捉えることができる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「Passito」収穫したブドウを陰干しにして糖度を高めてから醸造するワイン。
「Recioto」Passito同様
「Vin Santo」ブドウを収穫した後、ワラの上で数カ月乾燥させ、糖度が高まったところで果汁を搾り発酵させ密閉した樽で熟成させたワイン。
「Liquoroso」アロマティックなブドウの品種にアルコールorブドウの蒸留液、凝縮したモスト(ブドウ果汁)などを加えて造る。
「Chlaretto」赤ワインと同様の醸造工程で発酵の途中で果皮を取り除いて造られるロゼワイン。
「Aromatizzato」ワインにアルコール、砂糖やハーブ類を加えたもの。アルコール度数は21度。
「Novello」「Vino Glovane」「Vino Nouvo」イタリアにおけるヌーヴォーワイン(新酒)。フランスより10日ほど早い11月6日解禁。炭酸ガス浸漬法と低温発酵法がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「発泡性ワイン」Frizzante  Spumante
弱発泡性ワインと発泡性のワインに分けられ、瓶内発酵〔シャンバーニュ法〕によるものとタンク内発酵〔シャルマー法〕によるものがある。
SECCO (セッコ) 辛口

ABBOCCATO(アッボッカート) 薄甘口
AMABILE(アマビレ) 中甘口

DOLCE (ドルチエ) 甘口

【ラベルの読み方】
 商標がワイン名より大きくデザインされていることも、イタリアワインの特徴と言えます。
DOCG↴

DOC↴
VdT↴