2014年6月30日月曜日

ボルドーワイン Sauternesの格付け

ボルドーはフランスのACワインの約4分の1に当たる膨大な量のワインを産出する。また質においても並酒から最高級ワインに至るまで幅広く多彩な銘醸地域である。
歴史的に英国領だったこともあり、広く海外で愛飲され、現在でもその多くが輸出されている。
ボルドーは銘酒がシャトーワインであることが大きな特色、7対3で赤が主体。
海に近いこともあり温暖な気候は葡萄栽培に適しており、その生産地はジロンド河とその支流の流域にある。
大きく5つの地区に分けられる。
Le Medoc (メドック)
Les Graves (グラーブ)
Entre-deux-Mers (アントル・ドゥ・メール)
Libournais (リブルネ)
Blayais et Bourgeais (ブライ・ブール)

ボルドーのAOCは村名AOCまで。(ブルゴーニュのように、その上の、畑名AOC(1級と特級)はない。AOCと「シャトーの格付け」とは全く別のものでシャトー・ワインの中でも常に高品質ワインを造っているシャトーには公的「格付け」がなされている。
公的「格付け」がされている4地区。
*Medoc (1855年制定)
*Sauternes (1855年制定)
*Graves (2003年制定)
*St-Emilion (2006年制定) 

Sauternes Crus Classes List 

Premier Cru Superieur (特別級)
Ch.d'Yquem    Sauternes村
 
Premiers Crus (第1級)
 Ch.Guiraud            Sauternes村
 Ch.Climens            Barsac村
 Ch.Coutet            Barsac
  Ch.Clos Haut-Peyraguey    Bommes村
 Ch.Lafaurie-Peyraguey     Bommes
 Ch.Rabaud-Promis       Bommes
 Ch.de Rayne Vigneau     Bommes
  Ch.Sigalas Rabaud       Bommes
  Ch.la Tour Blanche      Bommes
 Ch.Rieussec          Fargues村
 Ch.Suduiraut            Preignac村
 
 
Deuxiemes Crus (第2級)
 Ch.d'Arche              Sauternes村
  Ch.Filhot                Sauternes
 Ch.Lamothe              Sauternes
 Ch.Lamothe Guignard        Sauternes
 Ch.Broustet              Barsac村
 Ch.Caillou                Barsac
 Ch.Doisy Daene             Barsac
 Ch.Doisy Dubroca           Barsac
 Ch.Doisy-Vedrines          Barsac
 Ch.Myrat                Barsac
Ch.Nairac               Barsac
  Ch.Suau                 Barsac
 Ch.de Malle              Preignac村
 Ch.Romer du Hayot         Fargues村
 

******************************

【Premiers Crus Superieur】
Ch. d'Yquem

丹精込めた栽培と摘果(貴腐菌の付いた粒をのみ摘み取る)、伝統的酒造り、堂々たるセラーでの熟成、それらがボルドーが誇る貴腐ワインの最高傑作を生む。
200年以上に渡ってサリュース家が管理所有。現在ルイ・ビトン・グループが株を一部所有。
品種:S80%、SF20%

セカンド・ラベルの「Y grec」はボルドーの最高級辛口白ワインとして高い評価を受けている。
ACは Bordeaux Superieur

Premiers Cru (第一級)
Ch. la Tour Blanche

イケムの西側、シロン川の近くにある。1910年国有化され、現在は農業学校になっていて、いろいろな実験が行われている。
品種:S77%、SF20%、ミュスカデル3%

Ch. Lafaurie-Peyraguey

13世紀の城壁と17世紀の城館が残り、イケムと並び歴史を誇る。コルディエ社が所有、慎重に管理されている。
品種:S90%、SF5%、ミュスカデル5%

Ch. Clos Haut-Peyraguey

ワインは濃厚さも気品も申し分なく、1級の名ををはずかしめない。このワインは瓶塾に時間を掛けないとその真価を発揮しない。
品種:S83%、SF15%、ミュスカデル2%

Ch. de Rayne Vigneau

イケムの西側の小高い丘にある砂利ばかりの土地で、申し分のないテロワールを有する畑。
品種:S83%、SF15%、ミュスカデル2%

Ch. Suduiraut

畑はイケムと地続きで、申し分ない。イケムに次ぐ名声を獲得、気品・風格をそなえた最上のソーテルヌの1つ。
品種:S80%、SF20%

Coutet

古典的バルザックで、クりマンと競い合っている。
品種:S75%、SF23%、ミュスカデル2%

Ch. Climens

表土が薄く、深い所まで葡萄の根が伸びない不利な立地条件の畑にありながら、それを克服。バルザック一の傑出したワインを造り出している。
優美・洗練・長寿のワインは、イケムと肩を並べると言われている。1971年からリュルトン家が経営に当っている。
品種:S100%

Ch. Guiraud

若いうちからロースト香の強い味わい深い贅沢なワインである。辛口白も造っている。
品種:S65%、SF35%

Ch. Rieussec

1984年ロートシルト家が所有し、洗練した素性のいい秀逸なワイン造りを加速させている。
品種:S89%、SF8%、ミュスカデル3%

Ch. Rabaud-Promis

もとはCh. Rabaud-PromisとCh. Sigalas Rabaudは一つの畑だった。
品種:S80%、SF18%、ミュスカデル2%

Ch. Sigalas Rabaud

丹念なワイン造りで、繊細・優美でスッキリしたワインをつくっている。
極上品に仕上がることもあり、ソーテルヌの最高傑作に位置ずける人もいる。コスト・パフォーマンスの高いワインの一つ。
1995年からコルディエ社が管理している。
品種:S85%、SF15%